借地権とは

借地権とは一般的に、他人の土地を建物を建てるなどの目的で金銭を支払い借りることを指します。
「建物所有を目的とする利用権」なので、例えば、企業などの入るオフィスビル、商業ビルなど、電柱を立てることや田畑を耕すことでも、それが他人の土地であり、使用にあたって金銭が発生するのならばそれは借地権が発生します。
なので、ゴルフ場などのその敷地に殆ど建物を建てない場合は借地権契約とはならないのです。

法律上の借地権には二種類の、「地上権」と「貸借権」というものがあるのですが、貸借権は、貸借人の承諾を受けることでその土地を間接的に支配する、というもので、第三者への譲渡や、貸借に地主の許可が必要となります。
しかし地上権の方は、地主の承諾なしで第三者への貸借や、処分が可能になります。
このことから地上権は地主がこれを認めたがらないので不動産市場にはあまり登場しません。
借地権に適用される法律にも現在は種類があり、平成四年八月を境にして、それ以前に土地を借りている場合「借地法」が適用され、それ以降に土地を借りている場合には「借地借家法」が適用されます。
更に借地借家法には細かな分類がなされ、その利用目的により「普通借地権」「定期借地権」「事業用定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「一時使用目的の借地権」と分かれています。

このように様々に複雑に分かれている借地権。
そんな借地権が生まれ、様々な変化を辿ってきた歴史を次のページでは解説していきます。
大切な土地を取り扱う借地権はどのような道を辿ってきたのでしょうか。



〔関連サイト〕
旧法と新法の違いに加え、細かな分類があって複雑な借地権について説明しています ・・・ 借地権 旧法